記事一覧

米TB小説1-6

77

6

ベルア・ガートが刑務所のアトリウムのドアを歩き過ぎると、警備員は手錠を取り除いた。バンクーバーの近郊にある刑務所は現代的だった。地上6階建ての巨大な天窓が、十分な日差しを放つ。緑の植物が壁に並んだ。赤いカーペットは汚れや摩耗もない。アトリウムからすべての檻房がはっきりと見え、1階にガードステーションがなかったら、ホテルと誤解されるかもしれない。ガードは檻房にガットを護送し、中に入れると 「お前の新しい家だ、ガート」言った。檻房の中で、ガートは色白で賢こそうな男がコテージに座って本を読んでいるのを見た。男の腕と顔には茶色の斑点が付いていて、頭皮にも広がっていた。ガートは薄い白い髪に何があったかを見ることができた。ガートはコテージに近づいた。 "やあ、ボブおじさん"と彼は柔らかく言った。ボブは彼を見上げた。 「ふむ…」彼の凝視は本に戻った。「一体、どうしてここに来た?」
「いつものようにしょっぴかれてさ。警官が私を見て、国際的な悪党を見つけたとさ。」
「お前はそれから逃れられたと思うが。」
「ああ、その時私はあんたに会いたいと思ってな!」
ボブは相手を見た。「そこでだ、老いぼれボブおじさんに用があるんだ。」
(途中)

※ベリア・ガートはフッドの本名という設定です。キラノ家を崩壊させた。ティンティンママはその事件で他界した。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がむら

Author:がむら
PN「がむら」でネットで呟かせてもらってます。
GA(ジェリー・アンダーソン)作品ファン、日本のTV人形劇ファン、新作TB(2015版)<隠語:「あれご」ファン。GA作品系のパロ漫画個人サークルで同人誌を発行し、即売会に参加するのが趣味。2019からオリジナルマンガ活動も再開!?
■PN:灼彗がむら(しゃくすいがむら) サークル名:一筆啓上仕り候(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう) 
■サークル活動:五月のティア128を予定
※ブログ拍手コメントは、ブログ主だけに届きます、短文のご連絡にどうぞ。